「由比缶詰所のホワイトシップ印」

スポンサーリンク

由比(ゆい)缶詰所『ホワイトシップ印・まぐろフレーク油漬け』です。

静岡県静岡市の由比という港町の工場で作られています。

70年以上缶詰を作り続けている老舗の缶詰工場です。

スポンサーリンク

昭和レトロなパッケージがステキ

まず目を惹かれるのがきれいな水色の缶。

そこにレトロな字体の商品名に、これまたレトロなツナの写真…。

昔のお料理の本に登場しそうな、なんとも懐かしい雰囲気の写真です。

缶の裏側にはブランド名であるホワイトシップが描かれています。

ツナもホワイトミートと呼ぶとオシャレですね。

この船でがんがんマグロを捕まえちゃうよ、と言ったところでしょうか?

優しい味のおいしいツナ

さっそく開けてみようと思ったのですが、今の缶詰の定番のプルトップ式ではなく缶切りでギリギリと開けるタイプのものでした。

「缶切りを使うなんていつぶりかしら…」と、久しぶりに使う缶切りに四苦八苦しながらなんとかオープンです。

中からはきれいなツナが登場しました。

まさにホワイトミート!

とりあえずそのままで食べてみると、油もサラッとしていてしつこくなくおいしくいただけました。

普段食べているツナ缶より量が多いので、ツナとネギを醤油やごま油であえたものを餃子の皮で包んで揚げ餃子として食べました。

おいしかった~!

お土産にも喜ばれるツナ缶

見た目のかわいさはもちろん、日持ちもするしツナ缶はけっこう使うものなのでちょっと変わったお土産としても喜ばれそうですね。

私は静岡県内のサービスエリアで購入しましたが、ネット販売もしているので気になる方はいかがでしょうか♪

★由比缶詰製作所

SNSフォローボタン

インスタグラムもやってます♪

スポンサーリンク